あきさねゆうの荻窪サイクルヒット

アラサー男子がブロンプトン・ロードバイク・プロ野球・メジャーリーグ・ラーメンネタ中心にお送りします。

【宇宙開発最前線】スペースXのロケット着陸失敗3度目のニュースを見て

広告

headlines.yahoo.co.jp


ホリエモンの宇宙開発の何段階も何レベルも先に行っている、
イーロン・マスク率いるスペースX社のロケットが、
洋上着陸に失敗したそうです。


ロケットを宇宙に飛ばすと、
莫大なお金がかかります。


さらに、機体はミッションを終え、
地球に戻ってくる時には、
海の中に突っ込ませて、
乗組員はパラシュートで脱出するというシステムでした。


ロケットは使い捨てなのです。


それではあまりにもコスト面がかさばるというので、
ロケットを着陸させて再利用しようとしたのが、
スペースシャトルでした。


このスペースシャトルも構想は良かったのですが、
発射の際に爆発事故を起こしたり、
結局再利用するためのコストも馬鹿ならないということがあり、
スペースシャトルの運用を中止することになりました。


スペースXのファルコン9というロケットは、
ジャンボジェット1台分の値段に相当するロケットエンジン
9基搭載しているモデルです。


このロケットエンジンを無事回収することが出来れば、
2回目の打ち上げコストを100分の1にまで減らすことが出来るそうです。


着陸に失敗しただけであり、
メインのミッションである積載した衛星を、
周回軌道上に設置することはバッチリ成功しています。


この衛星は民間の会社が使っている衛星を、
同じく民間の会社であるスペースX社に依頼して、
飛ばしているのです。


佐川急便が会社の倉庫から自宅に荷物を運ぶことと、
スペースXが地上から宇宙に衛星を運ぶことは、
現象としては一緒であり、
すでに商用利用が始まっています。



広告

なぜ着陸失敗したのか?


ロケットを垂直に降下して、
4つの脚で支える構造でしたが、
そのうちの1脚が展開されず3脚で着陸した結果、
傾いてしまい倒れて、爆発したようです。


映像を見るとよくわかります。


今回のミッションは、
宇宙衛星を周回軌道上に乗せて、
ロケットのエンジン部を、
海上に浮かぶ船の上に着陸させて回収するというものでした。


実は陸上に着陸させて回収するミッションは、
成功例があります。


なぜ、海上で着陸させようとしているのかと言うと、
『スケジュール上の問題』だそうです。


このことから、
エンジンには問題がなく、
脚部も問題だったので、
対策もそれほど難しくなさそうです。


今後の展望


すでにNASAとも、
ロケット発射契約を結んでおり、
2016年にいくつもの打ち上げ予定があるようです。


www.cnn.co.jp

www.itmedia.co.jp


現時点では、
契約金も億単位になっているため、
宇宙に物を運ぶことが出来る会社は
資金力のある会社に限られてくると思われます。


スペースXのロケットを飛ばして、
宇宙に何か物を運ぶ実績については申し分なく、
あとは回収に成功させて、
コスト下げていくことが課題となっています。


安定して回収して再発射できるサイクルが出来れば、
今まで以上に宇宙へ物を飛ばすことが出来るようになり、
新たなイノベーションが起きる可能性もあります。


スペースX、ならびにイーロン・マスク
今後の動きに注目です。



イーロン・マスク 未来を創る男