読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あきさねゆうの荻窪サイクルヒット

アラサー男子がブロンプトン・ロードバイク・プロ野球・メジャーリーグ・ラーメンネタ中心にお送りします。

【iPhone6s】3D touchが使いやすすぎる件

ガジェット

広告

f:id:saneyuu:20160123040059j:plain


saneyuu.hatenablog.com


以前、この記事を書いた時に、
じょーじさんから
じょーじさんのプロフィール - はてな

『 iPhone6Sは文字入力の際に、キーボードを強く押すと簡単に入力エリア内でカーソル移動できるので、便利ですよー!おすすめ。』

とのコメントをいただきました。


それから、
iPhone6sを実際に使っている人に会ったときに、
いろいろ試させてもらおうと思い機会をうかがっていました。


昨日、いろいろ試す機会に恵まれ、
実際に使ってみたら、想像以上の使い勝手でした。


3D touchとは?


iPhone 6s - 3D Touch - Apple(日本)


iPhone 6sから搭載された新機能で、
画面の感圧によって、
画面を軽く押し込む「Peek」と、
さらに強く押し込む「Pop」という動作が加わりました。


これによって、
LINEが未読のまま、トークを「Peek」すると、
内容が確認できて、
さらに「Pop」すると全文を見ることが出来ちゃうなんてことや、

Safariを「Pop」すると、
ブックマークへ直接アクセス出来たりと、

いろんな使い方が出来ます。


文字入力における「Peek」と「Pop」


文字入力中に、
ソフトキーボード上で「Peek」すると、
カーソルを動かすことが出来ます。


これによって、
前後だけでなく、異なる行へも、
カーソルを直感的に簡単に動かすことが出来ます。


実際にやってみると、
感動的な使いやすさです!


異なる行へも簡単に移動できるという動作は、
Androidには出来ません


さらに3D touchでは、
今までめんどくさかった範囲選択も、
「Peek」と「Pop」の組み合わせで出来ます。


ちょっと慣れが必要かなと思いましたが、
これまでのiPhoneやAndroidのように、
イライラすることは減るんじゃないかなと思います。


したがって、文字入力において、
iPhoneはAndroidに完全に勝ちました。


今後も3D touch機能に対応したアプリの拡大に期待


楽しみですね。


スマホは、パソコンと違って、
とにかくより速くより簡単に使えることが重要なので、
複数の動作をショートカットできる
3D touchにときめきました。


この週末に、
機種変して来たいと思います。