あきさねゆうの荻窪サイクルヒット

アラサー男子がブロンプトン・ロードバイク・プロ野球・メジャーリーグ・ラーメンネタ中心にお送りします。

ブロンプトンでの輪行は楽勝!キャリアつけて転がせるから移動がラクチン♪

広告

折りたたみ自転車の魅力の一つは、輪行のしやすさです。

サクッとたたんで、輪行袋に入れて、電車に乗ってどこまでも行けちゃいます。

とはいえ、重量10kgを越える自転車を担いで歩くことは、なかなかの苦痛。電車の乗り換え時に難儀します。

折りたたんで小さくなるとはいえ、大きなスーツケース並の大きさなので電車内の置き場所にも気を遣うし。

それら移動と置き場所に関して、ブロンプトンは折りたたみ自転車の最適解と言っても過言ではない機能を持っています。

電車輪行において、ブロンプトンの右に出る自転車はない。そう断言してもいいでしょう。

ブロンプトンの電車輪行のしやすさについて、まとめてみます。

ブロンプトンには、リアキャリア搭載・非搭載モデルがある

わたしの所有するブロンプトンはP6Rというモデルです。

P6Rというのは、P型ハンドル・6段変速・リアキャリア搭載という意味。対してリアキャリア非搭載モデルは末尾に「L」が付きます。

輪行メインでブロンプトンを考えているなら、リアキャリアの搭載がおすすめ!

リアキャリアにキャスターがついていて、四輪で転がすことが出来る

キャリア非搭載モデルにもキャスターはついています。

f:id:saneyuu:20160529212940p:plain

リアキャリアを搭載することで、四輪で転がすことが可能に。

f:id:saneyuu:20160529213005p:plain

二輪キャスターのスーツケースより、四輪キャスターのスーツケースの方が使い勝手はいいですよね。

12kgくらいあるブロンプトンですと、二輪で転がすのはなかなかしんどいです。四輪だと軽く手で押してやれば前に進んで行きます。


ブロンプトンに輪行袋をかぶせて転がすの図

おすすめの輪行袋は「By Way SACC」

通常の輪行袋に入れてしまうと、キャスターごと覆われてしまうので、転がすことが出来ません。

とはいえ、上からかぶせるタイプの輪行袋では、キャスターを出したまま電車に乗ることはルール違反。*1

そこで、上の動画にも登場している「By Way SACC」という輪行袋がおすすめです!

f:id:saneyuu:20160529213852p:plain

BROMPTON JUNCTION KOBE / By Way SACC

使い方も簡単。広げて適当にかぶせるだけです笑

f:id:saneyuu:20160529212824p:plain

こんな感じから、

f:id:saneyuu:20160529212834p:plain

こんな感じにして、

f:id:saneyuu:20160529212845p:plain

こうです!

駅構内などは、キャスターを出したまま移動して、電車に乗る直前にひっくり返してカバーで覆います。

f:id:saneyuu:20160529212900p:plain

ひっくり返して、

f:id:saneyuu:20160529212914p:plain

カバーをめくるようにして覆い被せる。

文章にすると分かりづらいですが、実際に触ってみると直感的に簡単に出来ます。

簡単がゆえに、袋の耐久度はいまいちです。わたしも5〜6回仕様していますが、ところどころ穴が開いています。

いずれは、ボロボロになって使えなくなるでしょうが、消耗品と割りきって利便性を手に入れるという考え方がいいのかなと思います。

別に転がさなくても担げばいいし、というパワーの持ち主はより耐久度の高い輪行袋をおすすめします。

例えば、こういうタイプのものです。

折りたたんだ状態がコンパクトなブロンプトンだから、新幹線の座席の足元にも置けちゃう

ブロンプトンは折りたたむと、30cm×60cm×60cm

f:id:saneyuu:20160529212919p:plain

ちょーっと邪魔くさいですが、目の見えるところに置いておける安心感は大きいです。

60cm程度の高さなので、テーブルを出しても干渉しません。

f:id:saneyuu:20160529213345p:plain

素晴らしいコンパクトさです!

これで電車輪行も楽勝だ

ロードバイク乗っていたときとは、比較にならないほど気楽に気軽に電車輪行しています。

とりあえずブロンプトンで出掛けて雨が降ってきたら電車に乗ればいいや。

疲れたら輪行すればいいし。

パンクしても故障しても輪行すればいいから、替えチューブや携帯ツールすら持ち歩いていません。そもそもパンクしにくいし、故障も無縁の頑丈さを持ちあわせていますが。

「徒歩+電車」より「ブロンプトン+電車」の方が、お出かけ先での機動性が段違いです。

駅から2km離れているお店とか、あまり歩いていきたくないですが、ブロンプトンなら10分足らずで到着出来ます。

徒歩では行きづらいところにも、バンバン行けちゃうし、駅から遠く離れた場所で良い景色や美味しいお店を見つけてしまうと、レアな宝をゲットした気分になってテンション上がります笑

ブロンプトンを持ってから、旅行・お出かけの概念が変わりました。もはや革命です。

ぜひ、ブロンプトンに乗って、全国・世界各地巡り巡って行きましょう!

・関連記事

飛行機輪行する場合も、ブロンプトンは最強クラスの頑丈さを持っていて楽勝で輪行できました。

出先でブロンプトンを盗まれては一巻の終わりです。強力なロックを持ち歩きましょう。

慣れない土地での走行は、意外と疲労します。万が一のためにもヘルメットを装備しましょう。カスクはブロンプトンの雰囲気ともマッチする、ナイスなアイテムです。

*1:自転車を電車に載せる際は、袋で完全に覆うこと。