読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あきさねゆうの荻窪サイクルヒット

アラサー男子がブロンプトン・ロードバイク・プロ野球・メジャーリーグ・ラーメンネタ中心にお送りします。

ディメンションデータ出場選手一覧&レビュー【ツール・ド・フランス2016】

自転車 自転車-ロードレース 自転車-ツール・ド・フランス2016

広告

※選手の脚質や役割、実績、レビューを記載しています。

マーク・カヴェンディッシュとエドヴァルド・ボアッソンハーゲンという二大スプリンターを擁するディメンションデータ。

久々に再会したカヴェンディッシュファミリー中心のメンバー構成にしつつ、ボアッソンハーゲンで狙えるステージは狙っていくことでしょう。

昨年ブレイクしたダニエル・テクレハイマノや、ベテランのスティーブ・カミングスにも注目です。

※ブエルタ・ア・エスパーニャ2016の出場選手情報については

ブエルタ・ア・エスパーニャ2016 出場選手一覧&チームレビュー

をご覧ください。

(2016.7.6更新)

ディメンションデータ、ツール出場メンバー

101、マーク・カヴェンディッシュ

f:id:saneyuu:20160630213028p:plain
Cavendish gets off the mark for 2016 at the Tour of Qatar | Cyclingnews.com

国籍:イギリス
年齢:31歳
脚質:スプリンター
 独走力 ★☆☆☆☆
 TT力 ★★☆☆☆
 登坂力 ★☆☆☆☆
 スプリント ★★★★★

言わずと知れた”マン島ミサイル”こと、マーク・カヴェンディッシュです。

2009年ツールではステージ6勝をあげるなどツール通算26勝、『ジロ・デ・イタリア』通算15勝、『ブエルタ・ア・エスパーニャ』通算3勝と最強スプリンターの名を欲しいままにしていました。

しかし、ここ2〜3年はツールの舞台でもなかなか勝てていません。

代わりに台頭してきた選手が、マルセル・キッテル(エティックス・クイックステップ)やアンドレ・グライペル(ロット・ソウダル)です。

今大会では、カヴェンディッシュ、キッテル、グライペルの3名ともにエントリーしています。

最強スプリンターは誰なのか決める一戦となることでしょう。

そしてエディ・メルクスの持つツール通算35勝の大記録を目指して、一つでも多くの勝ち星を積み上げて行きたいところです!

平坦スプリントステージは大注目です!

102、ナトナエル・ベルハネ

f:id:saneyuu:20160630224708p:plain
Berhane dreaming of Tour de France start | Cyclingnews.com

国籍:エリトリア
年齢:25歳
脚質:オールラウンダー
 独走力 ★★★☆☆
 TT力 ★★★☆☆
 登坂力 ★★★☆☆
 スプリント ★★★☆☆

2013年『ツアー・オブ・ターキー(UCIカテゴリーHC)』第2ステージ優勝&総合2位が目立った戦績です。

同じ母国のテクレハイマノと共に、ツールの場でアフリカをアピールをしたいところです。

(2016.7.6追記)

今大会では、平坦ステージでの先頭牽引をする場面が目立っています。

103、エドヴァルド・ボアッソンハーゲン

f:id:saneyuu:20160630212016p:plain
CyclingQuotes.com Boasson Hagen gains confidence for next classics

国籍:ノルウェー
年齢:29歳
脚質:スプリンター、パンチャー
 独走力 ★★★★☆
 TT力 ★★★☆☆
 登坂力 ★★★☆☆
 スプリント ★★★★☆

2011年ツールではステージ2勝をあげる活躍を見せ、登れるスプリンターとして活躍が期待されていました。

その後も、上々の成績を残してはいますが、ビッグレースではなかなか勝ち切れない場面が多く見られました。

ツール前哨戦となる『クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ』第4ステージでは、集団スプリントを制し優勝しました。久々のワールドツアーカテゴリーレースでの勝利です。

今大会では、カヴェンディッシュがいるため、平坦ステージではカヴェンディッシュの発射台を担い、アップダウンのあるスプリントステージではボアッソンハーゲンが狙って行くと思います。

ノルウェーチャンピオンジャージを着て、走ります。

104、スティーブ・カミングス

f:id:saneyuu:20160630221447p:plain
Steve Cummings wins stage four of Tirreno-Adriatico with clever solo attack - Cycling Weekly

国籍:イギリス
年齢:35歳
脚質:ルーラー
 独走力 ★★★★☆
 TT力 ★★★☆☆
 登坂力 ★★★☆☆
 スプリント ★★☆☆☆

昨年のツール第14ステージで独走逃げ切り勝利を決めました。

今シーズンも『ティレーノ~アドリアティコ』第4ステージ優勝、『バスク一周レース』第3ステージ優勝、『クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ』第7ステージ優勝と好調をキープしています。

スプリント勝利が狙えない山岳ステージでの逃げ、アタックに期待です。

105、ベルンハルト・アイゼル

f:id:saneyuu:20160630221625p:plain
http://africasteam.com/2015/12/31/bernhard-eisel/

国籍:オーストリア
年齢:35歳
脚質:スプリンター
 独走力 ★★★☆☆
 TT力 ★☆☆☆☆
 登坂力 ★★☆☆☆
 スプリント ★★★★☆

カヴェンディッシュトレインの1号車です。

HTC時代には、カヴェンディッシュとマーク・レンショーとのトレインで、勝ちまくりました。

今シーズンからアイゼルがディメンションデータに移籍してきて、カヴェンディッシュファミリー再結成です!

残り数キロ地点から、ベストポジションを失わずにリードアウト役の選手たちにバトンを渡すことが求められる役割です。

106、レイナルト・ヤンセファンレンズバーグ

f:id:saneyuu:20160630223829p:plain
Business Day

国籍:南アフリカ
年齢:28歳
脚質:クライマー
 独走力 ★★☆☆☆
 TT力 ★☆☆☆☆
 登坂力 ★★★☆☆
 スプリント ★★☆☆☆

グランツール出場は3度目で、昨年のツールは総合51位で完走しています。

また、2015年国内ロードチャンピオンのタイトルを獲得しました。

山岳ステージでのアシストまたは、逃げ切り勝利を狙ってアタックを試みるかと思われます。

107、セルジュ・パウエルス

f:id:saneyuu:20160630221918p:plain
Vuelta Ciclista al Pais Vasco #4: Serge Pauwels our top performer once again | Team Dimension Data for Qhubeka

国籍:ベルギー
年齢:32歳
脚質:クライマー
 独走力 ★★☆☆☆
 TT力 ★☆☆☆☆
 登坂力 ★★★★☆
 スプリント ★☆☆☆☆

昨年のツールでは総合13位に入った、クライマーです。

ビッグレースでの勝利経験はありませんが、グランツールでは出場8回すべて完走と、安定した走りを見せています。

カヴェンディッシュらスプリンターたちを無事にパリに届けるアシスト任務や、ボアッソンハーゲンやダニエル・テクレハイマノのサポートをすることになりそうです。

108、マーク・レンショー

f:id:saneyuu:20160630221750p:plain
Mark Renshaw

国籍:オーストラリア
年齢:33歳
脚質:スプリンター
 独走力 ★★☆☆☆
 TT力 ★★☆☆☆
 登坂力 ★★☆☆☆
 スプリント ★★★★★

カヴェンディッシュの相棒です。レンショーがいないと勝てないから、レンショーを取り戻せと号令をかけ、自分のチームに移籍させてきたほどです。レンショーが牽いて、カブを発射するシーンは、もはやツールの名シーンの一つです。

今シーズンは、そのレンショーを導くアイゼルとトレインを組むことが出来るので、カヴェンディッシュの勝率がより高まるはずです。

ロードレース界切ってのリードアウト役を務め、カヴェンディッシュの最終発射台として、いつも最高のポジションをキープしてくれます。

アイゼル・レンショー・カヴェンディッシュのチームワークには、ぜひとも注目です!

109、ダニエル・テクレハイマノ

f:id:saneyuu:20160630224251p:plain
Daniel Teklehaimanot makes more Tour de France history - CNN.com

国籍:エリトリア
年齢:27歳
脚質:クライマー
 独走力 ★★★☆☆
 TT力 ★★☆☆☆
 登坂力 ★★★★☆
 スプリント ★★☆☆☆

昨年のツールでは、アフリカ出身選手として初めて山岳賞ジャージに袖を通しました。

また昨年、今年と2年連続で『クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ』の山岳賞を獲得しています。

エリトリア国内ロードチャンピオンのタイトルも獲得しているため、エリトリアチャンピオンジャージを着て走ります。

今大会でも、逃げのうまさと登坂力を活かして、山岳賞ジャージ獲得を狙ってくることでしょう。

カヴェンディッシュ中心のスプリンターチームであるが、クライマーも多く連れて行く布陣

基本的にはカヴェンディッシュでのスプリント勝利狙いのチームです。

アップダウンのあるコースでは、カヴェンディッシュが遅れてしまうことも考えられるので、生き残った選手とボアッソンハーゲンでスプリントを獲りに行く展開も十分に考えられます。

逃げの達人であるカミングスとテクレハイマノによる、逃げ切り勝利も狙っていくと思います。

・関連記事

www.akisane.com

他のチームの選手一覧も書いています。

www.akisane.com