あきさねゆうの荻窪サイクルヒット

アラサー男子がブロンプトン・ロードバイク・プロ野球・メジャーリーグ・ラーメンネタ中心にお送りします。

モビスター出場選手一覧&レビュー【ツール・ド・フランス2016】

広告

※選手の脚質や役割、実績、レビューを記載しています。

打倒フルーム、打倒チームスカイが最優先事項である昨年ツール総合2位のナイロ・キンタナ擁するモビスターチーム。

エースのキンタナの調子は万全ですが、アシスト陣を含めたチーム力ではスカイの方が上と言えましょう。

それでも、モビスター史上最強と言ってもいい布陣です。

※ブエルタ・ア・エスパーニャ2016の出場選手情報については

ブエルタ・ア・エスパーニャ2016 出場選手一覧&チームレビュー

をご覧ください。

(2016.7.6更新)

モビスター、ツール出場メンバー

11、ナイロ・キンタナ

f:id:saneyuu:20160629163258p:plain
Nairo Quintana picks altitude training over racing ahead of Tour de France - Cycling Weekly

国籍:コロンビア
年齢:26歳
脚質:クライマー
 独走力 ★★★★☆
 TT力 ★★★☆☆
 登坂力 ★★★★★
 スプリント ★★★☆☆

2014年『ジロ・デ・イタリア』総合優勝を果たした、コロンビアから来た最強のクライマーです。

キンタナの目標はただ一つ、ツールの頂点を獲ることです。

2013年、2015年と共にクリス・フルームの壁に阻まれ、総合2位でフィニッシュしています。

しかし、昨年のツール第20ステージでは、フルームのマイヨ・ジョーヌ奪還の寸前まで行く走りを見せました。

たらればですが、序盤の強風による集団分断のあおりを受け、フルームから遅れたタイム差を加味すると、キンタナが逆転していたという走りです。

今シーズンも調子は上々です。

『ボルタ・シクリスタ・ア・カタルーニャ』総合優勝、『ツール・ド・ロマンディ』総合優勝、そしてツール直前の『ルート・ドゥ・スッド』総合優勝と万全の調整ぶりを見せています。

弱点のTTも磨きをかけてきたとの話です。

打倒フルームなるか、キンタナの走りには大注目です!

12、アレハンドロ・バルベルデ

f:id:saneyuu:20160629163602p:plain
Alejandro Valverde wins La Fleche Wallonne for record fourth time | Cycling News | Sky Sports

国籍:スペイン
年齢:36歳
脚質:オールラウンダー、クラシックスペシャリスト
 独走力 ★★★★☆
 TT力 ★★★☆☆
 登坂力 ★★★★★
 スプリント ★★★★☆

何でも出来ちゃうグランツールレーサーにして、数多くのクラシックレースを勝ったクラシックスペシャリストでもあります。

2009年『ブエルタ・ア・エスパーニャ』総合優勝を含め、グランツールの表彰台には8度登っています。

さらに『フレーシュ・ワロンヌ』優勝4回、『リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ』優勝3回、『クラシカ・サンセバスチャン』優勝2回と、数多くのクラシックレースで優勝を果たしています。

グランツールを制するだけの登坂力を持ちながら、クラシックレースでの混戦を抜けだしてからのスプリント勝負にも勝てる脚力を併せ持っている稀有な存在です。

弱点は、TTがあまり速くないことです。

また、3週間に渡るグランツールでは、たいてい何かしらポカミスをやらかして、順位を下げることが多いです。

今大会では、キンタナのアシストを務めつつ、自身も総合上位を狙ってくる走りをすると思います。

13、ビネル・アナコナ

f:id:saneyuu:20160629164433p:plain
Winner Anacona Gomez | Riders | Cyclingnews.com

国籍:コロンビア
年齢:27歳
脚質:クライマー
 独走力 ★★☆☆☆
 TT力 ★★☆☆☆
 登坂力 ★★★★☆
 スプリント ★★☆☆☆

キンタナと同じく、コロンビア人クライマーです。

名前の『Winner(ビネル)』から、腕に『勝者』というタトゥーを入れいているそうです。しかも、この『勝者』という文字を教えたのは、現・日本チャンピオンの初山選手だそうです!*1

2014年ブエルタ第9ステージを制しています。

キンタナ専属の山岳アシストとしての活躍が期待されます。

14、イマノル・エルビーティ

f:id:saneyuu:20160629164843p:plain
Erviti: "Parece que 2005 fue ayer" - MARCA.com

国籍:スペイン
年齢:32歳
脚質:ルーラー
 独走力 ★★★★☆
 TT力 ★★★☆☆
 登坂力 ★★☆☆☆
 スプリント ★★☆☆☆

ブエルタ9大会連続完走中です。

役割は集団コントロールのための先頭牽引を含め、山岳アシストもこなす何でもアシスト屋です。

そのため、表舞台に出てくることは少ないのですが、今シーズンは『パリ〜ルーベ』9位、『ロンド・ファン・フラーンデレン』7位と上位での走行をしていたため、お茶の間を非常に沸かせてくれました。

15、ヘスス・エラーダ

f:id:saneyuu:20160629165832p:plain
Herrada: Muy contento de ganar en un escenario tan importante - Más Deporte - Navarra.com. Noticias de Navarra, Osasuna, Pamplona, deportes

国籍:スペイン
年齢:25歳
脚質:オールラウンダー、ルーラー
 独走力 ★★★★☆
 TT力 ★★★☆☆
 登坂力 ★★★☆☆
 スプリント ★★☆☆☆

ツール前哨戦となった『クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ』では、第2ステージで独走逃げ切り勝利をあげました。

長所の独走力に加えて、ある程度山岳に登れるため、逃げ集団のチェックや、山岳ステージで逃げに乗ってから後半エースをアシストするような作戦に使いやすい選手と言えましょう。

16、ゴルカ・イサギーレ

f:id:saneyuu:20160629165421p:plain
Gorka Izagirre revela que terminó el Tour enfermo - MARCA.com

国籍:スペイン
年齢:28歳
脚質:オールラウンダー
 独走力 ★★★☆☆
 TT力 ★★★☆☆
 登坂力 ★★★☆☆
 スプリント ★★★☆☆

ヨン・イサギーレのお兄さんです。

グランツールは6回出場し、6度完走しています。

ある程度山も登れて、独走力もあるため万能なアシストとしての活躍が期待されます。

17、ヨン・イサギーレ

f:id:saneyuu:20160629165141p:plain
Tour de Suisse: l'Espagnol Jon Izaguirre remporte le contre-la-montre à Davos

国籍:スペイン
年齢:27歳
脚質:オールラウンダー、TTスペシャリスト
 独走力 ★★★★☆
 TT力 ★★★★★
 登坂力 ★★★★☆
 スプリント ★★☆☆☆

2014年スペイン国内ロードチャンピオン、2015年『ツール・ド・ポローニュ』総合優勝、2016年『ツール・ド・スイス』総合2位という総合系の実績を持っています。

今シーズンは国内TTチャンピオン、『ツール・ド・スイス』第8ステージ(個人TT)優勝、『ツール・ド・ロマンディ』プロローグ(個人TT)優勝と、TTの実績が際立っています。

特に『ツール・ド・スイス』では、下り坂で時速110キロを叩き出し、地元の英雄ファビアン・カンチェラーラ(トレック・セガフレード)を下しての優勝です。

平坦から山岳まであらゆる場面でのアシストが期待されます。

18、ダニエル・モレーノ

f:id:saneyuu:20160629165641p:plain
CyclingQuotes.com Moreno announces schedule for first year at Movistar

国籍:スペイン
年齢:34歳
脚質:クライマー
 独走力 ★★★☆☆
 TT力 ★★☆☆☆
 登坂力 ★★★★★
 スプリント ★★☆☆☆

昨年まで所属していたカチューシャでは、ホアキン・ロドリゲスのアシストを務めながら、時折エース格としてグランツールに出場していました。

ブエルタでは総合10位前後で完走していて、2013年ブエルタではステージ2勝をあげ、途中ステージではマイヨロホに袖を通しましたが、最終的に総合10位で完走しました。

山岳ステージの多い今大会では、山岳アシストの力は重要となります。

19、ネルソン・オリヴェイラ

f:id:saneyuu:20160629164101p:plain
Alex Dowsett breaks British 25 mile time trial record | Cyclingnews.com

国籍:ポルトガル
年齢:27歳
脚質:TTスペシャリスト
 独走力 ★★★★☆
 TT力 ★★★★☆
 登坂力 ★★☆☆☆
 スプリント ★★☆☆☆

2016年ポルトガル国内TTチャンピオンです。今年を含め、通算4度のTTチャンピオンのタイトルを獲得しています。

メジャーレースでの勝利経験は、2015年ブエルタ第13ステージ優勝です。

今大会では、平坦アシストとして集団コントロールを行うことが主な役割となりそうです。

集団コントロールは完璧!キンタナのずば抜けた登坂力を信じているメンバー構成

チームスカイと比べると、平地に強めの選手を多く揃えている印象を受けます。

スカイのアシスト陣が束になってキンタナに攻撃を仕掛けても、キンタナは一人で受けて立てるどころか、むしろキンタナのアタックでスカイのアシスト陣をまとめて葬り去るだけの力を持っていると、信じている証拠だと感じました。

とはいえ、バルベルデやモレーノと言った実績あるグランツールレーサーがアシストにいることは非常に心強いです。

キンタナ擁するモビスターと、フルーム擁するスカイのどちらが栄冠に輝くか。はたまた、アルベルト・コンタドール(ティンコフ)や、ファビオ・アル(アスタナ)、リッチー・ポート(BMCレーシング)との争いになるのか。

見応えのある勝負が楽しみです。

・関連記事

www.akisane.com

他のチームの選手一覧も書いています。

www.akisane.com

*1:J Sportsの中継にて、ゲストの初山選手が言ってました。