読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あきさねゆうの荻窪サイクルヒット

アラサー男子がブロンプトン・ロードバイク・プロ野球・メジャーリーグ・ラーメンネタ中心にお送りします。

チームスカイ出場選手一覧&レビュー【ツール・ド・フランス2016】

自転車 自転車-ロードレース 自転車-ツール・ド・フランス2016

広告

※選手の脚質や役割、実績、レビューなど記載しています。

前年度王者クリス・フルーム擁するチームスカイ。

連覇に向けて万全に布陣を敷いてきました。

※ブエルタ・ア・エスパーニャ2016の出場選手情報については

ブエルタ・ア・エスパーニャ2016 出場選手一覧&チームレビュー

をご覧ください。

(2016.7.10更新)

チームスカイ、ツール出場メンバー

1、クリス・フルーム

f:id:saneyuu:20160624043144p:plain
Chris Froome Tour de France abuse attacked by WADA boss | Cycling News | Sky Sports

国籍:イギリス
年齢:31歳
脚質:オールラウンダー、クライマー
 独走力 ★★★★☆
 TT力 ★★★★☆
 登坂力 ★★★★★
 スプリント ★★★☆☆

絶対王者であるクリス・フルームです!昨年のツールの覇者です。

フルーム最大の武器は、山岳での爆発的な加速力です。

その姿は『フルーム砲』と称され、まわりから恐れられています。

ツール前哨戦であるクリテリウム・ドゥ・ドーフィネでも圧倒的な強さを見せ総合優勝。

スカイのチーム力の高さも相まって、今年のツール総合優勝の最有力候補です。

あまりにも強すぎるため、ドーフィネの表彰式でフルームが登場するとブーイングが起きる有様です。(フランス人はイギリス人が勝つことを快く思わないため)

ツール・ド・フランスはもはや、いかにしてフルームを倒すか、いかにしてスカイを打倒するかを競う競技と言っても過言ではありません。

王者フルームに勝つ新たな王者が誕生するのかどうかが注目ポイントです。

2、セルジオルイス・エナオモントーヤ

f:id:saneyuu:20160624043920p:plain
Sergio Luis Henao conquistó la sexta Vuelta a Polonia

国籍:コロンビア
年齢:28歳
脚質:クライマー
 独走力 ★★★★☆
 TT力 ★★★☆☆
 登坂力 ★★★★★
 スプリント ★★☆☆☆

他のチームならば、十分にエースを張れる実力を持ったコロンビアンクライマーです。

意外なことに、ツール・ド・フランスは初出場となります。

山岳でフルームを献身的にアシストすることが与えられた役割ですが、チームのセカンドエースも担います。

3、ヴァシル・キリエンカ

f:id:saneyuu:20160624044612p:plain
http://www.teamsky.com/teamsky/home/article/75024#ei13R10Jt047Oizw.97

国籍:ベラルーシ
年齢:34歳
脚質:TTスペシャリスト
 独走力 ★★★★★
 TT力 ★★★★★
 登坂力 ★★★☆☆
 スプリント ★★☆☆☆

昨年のロード世界選手権TTチャンピオンです。

個人TTステージでは、世界チャンピオンジャージを身にまとって走ります。

プロトンの先頭に立って、集団をコントロールする役割を果たすことでしょう。

逃げに乗るのが非常にうまい選手でもあり、山もある程度登ることが出来るため、大会終盤で逃げに乗って、ステージ終盤でフルームをアシストするなんて動きも見られるかもしれません。

4、ミケル・ランダ

f:id:saneyuu:20160624045318p:plain
Mikel Landa: "En el Team SKY voy a mejorar como ciclista"

国籍:スペイン
年齢:26歳
脚質:クライマー
 独走力 ★★★☆☆
 TT力 ★★☆☆☆
 登坂力 ★★★★★
 スプリント ★★☆☆☆

昨年はアスタナに所属していて、ブエルタ・ア・エスパーニャ2015では、ファビオ・アル(アスタナ)の総合優勝に大いに貢献しました。

山での登坂力はエース級です。主力エースが出場しないステージレースでは、ランダがエースを張ることも珍しくありません。

実力は折り紙つきですので、フルームにとっては頼もしい山岳アシストとなりそうです。

5、ミケル・ニエベ

f:id:saneyuu:20160624232855p:plain
Victoria española en el Giro: Mikel Nieve triunfa en la primera gran etapa de montaña - 20minutos.es

国籍:スペイン
年齢:32歳
脚質:クライマー
 独走力 ★★☆☆☆
 TT力 ★★☆☆☆
 登坂力 ★★★★★
 スプリント ★★☆☆☆

今年のジロ・デ・イタリアでは、ステージ1勝に加えマリア・アッズーラ(山岳賞)を獲得しました。

元々は、グランツールでエースを張っていた選手です。このレベルの選手がアシストでいることが、スカイの最大の強みです。

ニエベ、ランダ、エナオモントーヤ、ポエルスで牽く、山岳でのスカイトレインがお馴染みの光景となりそうです。

6、ワウト・ポエルス

f:id:saneyuu:20160624233838p:plain
Wout Poels zegeviert in barre editie Luik-Bastenaken-Luik | WielerFlits

国籍:オランダ
年齢:28歳
脚質:クライマー、オールラウンダー
 独走力 ★★★★☆
 TT力 ★★★☆☆
 登坂力 ★★★★★
 スプリント ★★★☆☆

世界一歴史の古いクラシックである『リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ』の今年の覇者です。

今年は、降雪に見舞われる悪天候の中、260kmを走り切っても『脚があることをわかっていた』と言えるほどの、過酷なレースを走りぬく抜群のスタミナを持っています。

何が起きるか分からない長丁場のグランツールで、こういうタフな選手がいることは何とも心強いです。

TTもある程度走れるので、山だけでなく平地でのアシストも期待されます。

ランダやニエベが攻めのアシストであるなら、ポエルスは守りのアシストと言えましょう。

7、ルーク・ロウ

f:id:saneyuu:20160624234652p:plain
Paris-Roubaix: Rowe on a high, Stannard fresh | Cyclingnews.com

国籍:イギリス
年齢:26歳
脚質:クラシックスペシャリスト、ルーラー
 独走力 ★★★★☆
 TT力 ★★★☆☆
 登坂力 ★★☆☆☆
 スプリント ★★☆☆☆

『パリ〜ルーベ』『ヘント・ウェベルヘム』『ロンド・ファン・フラーンデレン』のようなパヴェ(石畳)が登場する過酷なクラシックレースを得意としているライダーです。

『パリ〜ルーベ』の戦績は、2015年が8位、2016年が14位となっております。

今年のツールにパヴェは登場しませんが、平坦路でのタフな牽引力を買われてのメンバー入りと思われます。

平地はキリエンカ、スタナードと共に先頭で牽き続けることでしょう。

8、イアン・スタナード

f:id:saneyuu:20160624235854p:plain
国籍:イギリス
年齢:29歳
脚質:クラシックスペシャリスト、ルーラー
 独走力 ★★★★★
 TT力 ★★★☆☆
 登坂力 ★★☆☆☆
 スプリント ★★★☆☆

ルーク・ロウと同様に、パヴェ系のクラシックレースに強い印象です。

今年の『パリ〜ルーベ』では、3位でした。

ロウと役割はほとんど同じと思われます。

平坦路でのタフな牽引力に期待です!

9、ゲラント・トーマス

f:id:saneyuu:20160625000811p:plain
Geraint Thomas in freak crash as Chris Froome retains Tour de France lead | Stuff.co.nz

国籍:イギリス
年齢:30歳
脚質:オールラウンダー
 独走力 ★★★☆☆
 TT力 ★★★★☆
 登坂力 ★★★★☆
 スプリント ★★★☆☆

今年の『パリ〜ニース』では、アルベルト・コンタドール(ティンコフ)やリッチー・ポート(BMCレーシング)を抑えて総合優勝に輝いています。

コンタドールに勝ったライダーが、フルームをアシストする、この豪勢さ。

ステージレースで優勝出来るとおり、何でも出来る総合力のある選手です。

最強の布陣!フルーム連覇に死角無しか?!

どの選手にもビッグレースでの勝利経験があるほどの、最強すぎる豪華布陣です。

そして、何よりもエースのフルーム自身が強いんです。

普通に考えたら、スカイに死角無しです。

なお、ツール出場メンバーに選ばれていない選手としては、ミカウ・クヴィアトコウスキー(ポーランド)、ニコラス・ロッシュ(アイルランド)、ベン・スウィフト(イギリス)、ダニー・ファン・ポッペル(オランダ)など、実力者が揃っています。

特にロッシュやファン・ポッペルは直前のレースでは非常に好調に見えました。

それらの選手を押しのけて選ばれた精鋭中の精鋭たちです。

果たして、スカイに対抗しうるチームは出てくるのでしょうか?

単独でスカイを上回るチームは無いでしょう。わたしは、ライバルチーム同士の協調体制が鍵を握ると思います。

最強スカイに挑む!という構図が成り立つ今回のツール。スカイには注目せざるを得ませんね。

・ツール・ド・フランス2016関連記事

www.akisane.com

他のチームの選手一覧も書いています。

www.akisane.com