あきさねゆうの荻窪サイクルヒット

アラサー男子がブロンプトン・ロードバイク・プロ野球・メジャーリーグ・ラーメンネタ中心にお送りします。

ソニーのミラーレスカメラ「α6000」でフォトグラファーの仕事をどこまでできるのか?

大手自転車メディアの仕事をするようになって1年半ほど経ちました。

元々はライターとして、自転車レース速報のレポートやコラムを中心に書いていましたが、最近では自転車レース現場に赴いて写真撮影をしながら記事を執筆する機会が増えてきました。

その際に使っているカメラはソニーのミラーレスカメラのα6000です。ダブルズームレンズキットで7〜8万円くらいの、デジタル一眼ではお手頃といえる機種です。

自転車レース撮影の現場に行くと、ミラーレスを使っている人は全くといっていいほど見かけません。明らかに小型なカメラを携えてフィニッシュラインのフォトグラファーゾーンに立ち並ぶことに、ただただ恐縮の気持ちを抱くばかりでしたが、逆にそういった現場でミラーレス一眼を使って仕事をしてきたという知見は貴重なのではないかと思うに至ったのです。(開き直り!)

結論から言えば、自転車レース撮影の現場において、α6000の性能では厳しい場面があります。しかし、状況によってはα6000でも戦えないことはないことかわかったので、α6000を使って自転車レース撮影の仕事をしてきて思ったことをまとめてみたいと思います。

動きの少ないチームプレゼンや表彰式


(2018年ツアー・オブ・ジャパン南信州ステージ表彰式にて)

比較的静止している対象であれば、もちろん綺麗に撮影できます。
秒間11コマの連写も可能なため、笑顔の瞬間を見逃さず、まばたきした瞬間を避けたカットを撮ることができました。


(2017年ジャパンカップサイクルロードレース チームプレゼンにて)

日没後の屋外、特設ステージにて撮影したため、ステージ上の場所によってはやや光量が不足する箇所もありました。
それでも、選手の肌や自転車の質感は、現場で見た感じそのままに収めることができました。


(2018年さいたまクリテリウム チームプレゼンにて)
※メディアに掲載

晴天の屋外ながら、特設ステージ上の照明がフレームに入り、逆光になる状況で撮影。こういうパターンで選手たちの表情が暗めに写ってしまいます。設定の問題で解消できるか不明なのですが、写真自体を後から加工すれば表情を明るくできるので、わたしは別にいいかなというスタンスで撮っていました。

沿道横からの撮影(横方向へ移動する対象物)


(2018年ツアー・オブ・ジャパン 南信州ステージにて)
※メディアに掲載

上り坂を走る選手を沿道脇から撮影。ななめから撮影しているので選手との距離は7〜8mくらいでしょうか。そこまでスピードが出てないのでAFの追従も素晴らしく、横への動きのある写真は綺麗に撮れると思います。


(2018年さいたまクリテリウムにて)

横へ動く対象へのAFはとても合わせやすいです。後ろの観客にピントが合うことなく、狙い通りに写真に収めやすく安心感があります。撮影対象との距離は10〜15mほどでしょうか。


(2018年さいたまクリテリウムにて)

なので、真横に移動する対象の流し撮りは非常にやりやすいと感じました。


(2018年ツアー・オブ・ジャパン 南信州ステージにて)

上り坂区間で、スピードは時速30km程度と思われます。このように何列も隊列をなしている集団の中にいる対象を写そうとした場合、AFが迷子になりやすいです。この写真は十分見やすいですが、ピントを狙った対象に合わせずらく成功率は低いので、集団を横から撮るのは避けたい構図という体感があります。

ゴールスプリントなど(向かってくる対象物)


(2018年ツアー・オブ・ジャパン 南信州ステージにて)
※メディアに掲載

スプリントしている選手のスピードはMAX時速70kmほど。この時は恐らく時速50〜60kmくらいと思われますが、画面奥から手前に向かって高速で近づいてくる対象へのAFを合わせるのはとても難しいです。

この写真はたまたま真正面に対象が来たため、周りの物体にピントを取られることなく対象にビシッと合った写真を収めることができました。

同じ場所から、右側の車線方面にカメラを向けて撮影したケースの1枚。これはこれで味わい深い写真なのですが、本当は手前の青いジャージの選手にピントを合わせたかったのです。沿道の柵や観客にピントを取られてしまい、手前寄りの狙った対象にピントを合わせ直すには対象のスピードが速すぎて対応できないことが多いです。


(2018年ツアー・オブ・ジャパン いなべステージにて)
※メディアに掲載

こちらは後ろのコース脇の旗にピントが合っていて、ガッツポーズをしている選手にはピントが合っていません。しかし、ゴールの瞬間を収めた写真のなかで一番まともな1枚ということで、ピンボケした写真をメディアに掲載することになりました。

このように自分に向かってくる対象にピントを合わせのは難しく感じます。自分に正対した対象は、中央のAFポイントにずっと収められるため、比較的にピントが合いやすいように思えます。しかし、少しでも中央からズレたり、自分に向かって垂直でなくややナナメに向かってくる対象にピントを合わせることが難しく思えます。

AFエリアを「中央重点」に設定にすればだいぶピントを合わせやすくなるのですが、それでも狙った対象以外にピントが持って行かれることもある上に、いちいちメニュー画面を呼び出して切り替えねばならない点がかなり面倒です。

まとめ

これはカメラの性能だけの問題ではないと思っていましたが、別の仕事でデジタル一眼レフカメラのCANONの7D Mark IIを使って撮影した時は、向かってくる対象物もピントを合わせやすく安心して撮影できる感覚がありました。

したがって、カメラ初心者が自転車レースのように非常に速い対象を撮影する場合は、一眼レフの中位〜上位モデルを用意した方が明らかに扱いやすく、コストパフォーマンスの良い投資だと思います。

ちなみにCANONの7D Mark IIを望遠レンズまで揃えた場合、ソニーのα6000に比べて価格が4〜5倍程度高くなります。十分な予算がない場合は現実的に難しい選択肢となるでしょう。

改めてメディアに掲載した写真を眺めると、そこまで酷い写真ではないのかなと思います。これが紙媒体やポスターに使用する写真となると、ピントが甘いまま使うわけにいかないので実使用に耐えませんが、解像度の低いWebメディアで使う写真に限っていうなら、ミラーレスでも十分に戦えるのではないかなと思っています。画質や背景のブレの大きさを追及しないのであれば、センサーサイズがフルサイズである必要もないため、APS-C機種で十分だと感じました。

とはいえ、シビアなAF性能が要求される場面では力不足を感じるため、買い替えを検討しています。

前述したCANONの7D Mark IIも候補の一つです。

ですが、一眼レフよりもミラーレスに魅力を感じてしまいます。ファインダーの違い、シャッターの動作など、一眼レフとミラーレス一眼の違いを色々教えてもらったり、調べたりしましたが、自分の使い方ではどちらでもいいかなと思っています。

今後、カメラの技術が向上したら一眼レフが良いとか思うかもしれませんが、毎日・毎週撮るわけではないので、だったら軽いミラーレスでいいかなと。

手持ちのα6000のレンズを使い回しできて、値段もお手頃なα6500が現在の最有力候補です。

買い替えは急いでないので、もう少しじっくり考えて検討します!

心拍トレーニングに最適な腕時計型心拍数計はどれか?

最終更新日:2017年12月18日

最近、自転車通勤を始めました。

満員電車を回避できるし、交通費も浮かせられるし、運動にもなるしで、一挙三得くらいの効率の良い試みだと感じています。

ただ単に自転車に乗って通勤するだけでも構わないのですが、より高い運動効果を得る時間にすれば、それまでトレーニングに使っていた時間を他のことに回すことが出来るようになると思いました。

わたしの運動の目的は2つあります。「筋力アップ」と「脂肪燃焼」です。

健康な身体を作るために「筋力アップ」は欠かせませんし、好きなものを食べて生活するためには「脂肪燃焼」が欠かせません。

ところが、「筋力アップ」に効果的な運動と、「脂肪燃焼」に効果的な運動は、微妙に異なります。

その一つが運動時の『心拍数』です。

一般的に最大心拍数の80〜90%程度の運動なら「速筋の筋力アップ」に、70〜80%程度の負荷なら「遅筋の筋力アップ」に、60〜70%程度の負荷なら「脂肪燃焼」に適していると言われています。

したがって、かるーく自転車をこいでいても筋力アップには繋がりませんし、全開でこいでいても脂肪燃焼にはあまり効果がありません。

もちろん、適当に乗っていても筋力アップや脂肪燃焼に全く効果がないわけではありません。せっかく自転車に乗って移動する時間を、効率の良いトレーニングの時間にするためには、心拍数を計測しながらトレーニングした方がいいなと思いました。

そこで、心拍トレーニングに使いやすい心拍数計を探してみました。

続きを読む

7万あればOK!安いロードバイクが欲しい初心者向けの現実的な提案

最終更新日:2017年12月18日

『ロードバイク始めるなら10万円は必要だよ』という言葉を、よく聞くと思います。

わたしも人にそう言うことが多いですが、本当に10万円必要なのかな?と思うことがあります。

これは、

  • 10万円かけずに始めることはできないか?
  • 結局のところ10万円以上必要なのではないか?

という二つの意味があります。

一般的に、ロードバイクを始める人が初期コストを抑えめに始めたとしても、ジャージだグローブだパーツだ何だと、結果的に初期コストの1.5倍くらいのお金を使いがちです。

お金がある人はいいのかもしれませんが、潤沢な予算のない人がお金を理由にロードバイクを始められないことは悲しいことです。

今回は、現実的に考えて『とにかく安くロードバイクを始めるにはどうしたらいいか?』ということを、突き詰めて考えてみました。

すると、7万あればOK!という結論に達しました。

個人的にはベストな選び方とは思いませんが、『とにかく安く始めたい!』という方にとっては、参考になるのではないかと思います。

続きを読む

超一流のプロ棋士は何を考えているのか?羽生善治の凄さを知るべし。

最終更新日:2017年10月31日

f:id:saneyuu:20160306200724j:plain

将棋のトップ棋士である羽生善治さん。

その勇名は、将棋を知らない人々にも轟いていると思います。

わたしは各ジャンルの一流と呼ばれる人の生き様や考えていることに触れることが大好きです。

どんなジャンルであっても、そのジャンルで頂点に立つということは生半可なことではありませんし、不思議と共通していることが見えてきます。

その共通している部分を自分に活かすことができれば、頂点にたどり着かなくとも、仮に一流の1万分1くらいであったとしても、相当に自分を向上できると思っているからです。

そこで、今回はわたしが大好きな超一流のプロ棋士である羽生善治さんについて語りたいと思います。

続きを読む

通勤にもサイクリングにも使えるおすすめの軽量なリュック10選

最終更新日:2017年10月5日

個人的に新しいリュックを探しているので、備忘録がてらまとめてみます。

わたしがリュックに求める条件は、

  • 軽量である

自転車で長時間背負うことがあるため、軽ければ軽いほど評価は高い。マックス1kgを目安に。

  • 背中部分の防水性能が高いこと

わたしは猛烈に汗をかくため、薄いナイロン生地だと汗が貫通してしまうので、バックパネルが厚めのクッション材等で遮断されているか注目。

  • 全体の防水性能は高い方が好ましい

突然の雨に濡れてダメになるようでは困るが、完全防水でなくてもOK。

  • 容量は大きい方が好ましい

最低限11インチのMac Book Airが入ればOK。ポケットティッシュ、充電ケーブル、自転車の鍵等の小物を入れるスペースもあると尚良し。

  • スポーティすぎない見た目であること

会社にも背負って行けて、カジュアルにも使えて、なおかつサイクリングにも使えるものが理想。カラーはブラックを第一に考える。


という感じです。

続きを読む

【ロードバイク】プロ選手が愛用するサングラスのブランド11選

最終更新日:2017年10月31日

風を切るようなスピードで疾走するロードバイクでのサイクリングでは、日差しから眼を守るためだけでなく、飛来する小さなゴミや虫からも眼を守るためにもサングラス(アイウェアともいう)は必要不可欠です。

ロードバイクのプロともいえる、プロサイクルロードレース選手たちは、必ず専用に設計されたスポーツサングラスを身につけています。

今回は、サイクルロードレースの頂点で戦うトップ選手たちも愛用する、ワールドツアーのチームが使用している11ブランドを紹介します。

続きを読む

世界最強の実用車ブロンプトンを徹底解説!【折りたたみ自転車】

f:id:saneyuu:20160325001521p:plain

最終更新日:2017年10月1日

自転車として実用的であるということは、走行性能が高く・安全で頑丈なつくりであることが実用的であると言えましょう。

また荷物を運べる・悪天候に強いなども実用面では重要な要素です。

折りたたみ自転車として実用的であるということは、折りたたみが簡単・持ち運びしやすい・壊れにくいことが実用的であると言えましょう。

それらの観点から見ると、今回紹介するブロンプトンという折りたたみ自転車は、正直世界最強と言って過言ではないです。

ブロンプトンなんて「いけ好かないオシャレ野郎が乗る小さくたためるだけのノロマな自転車」なんてイメージを持っていませんでしょうか?
わたしはこのようなイメージでした笑(酷い

先日、小径車専門店に行った際に、店員さんからプロンプトンについて色々教えてもらったところ、実は徹底的にデイリーユースを追求したスペシャルな超堅実的な最強の実用マシンであることがわかりました。

一体何が最強であるか、解説して行きたいと思います。

続きを読む

初めてのホイール交換で重要な8つのポイント【ロードバイク】

最終更新日:2017年10月3日

ロードバイクをWiggleで購入して、1年が経ちました。約13万円で買ったとは思えないほど走行性能は高く、これまでに3000kmほど走りました。

車体重量はカタログ値で7.8kg、ペダル込みの実測で8.4kgです。ホイールはシマノのRS11というモデルで、前後で計2.03kgとなっています。
ホイールは前後セットで、価格1万円を切るようなものですので、コストを抑えるために、ホイールのグレードを下げていることがわかります。
とはいえ、十分によく走るので、走行性能に大きな不満はありませんでした。

しかし、1年くらい乗っていると、そろそろ乗り味を変えたいという欲が生まれてくるのです。

そこで、手軽に乗り味に最もインパクトを与えるであろう、ホイール交換をしたいと思いました。

色々と調べるなかでわかった、初めてのホイール交換において重要なポイントをまとめてみました。

続きを読む

『ブエルタ・ア・エスパーニャ』は超面白い!初心者こそ見て欲しいレースです

ツール・ド・フランスでサイクルロードレースにハマった皆さん。

オリンピックで自転車レースに釘付けになった人。

まだレースを見たことはないけど、自転車のスピード感に取り憑かれた方へ。

朗報です!

サイクルロードレースで最も面白いレースである『ブエルタ・ア・エスパーニャ』が8/19(土)から始まります。

ブエルタは、レースに詳しくない人が見ても、分かりやすくスペクタクルでエキサイティングでファンタスティックなレースです!

他のレースと何が違うのか、解説したいと思います。

続きを読む

EASTWAY Emitter R3の実走レビュー!3000km走ってみて感じたこと。

2016年7月末から乗り込んでいる、わたしのNewバイクである『EASTWAY』の走行距離が3000kmを突破しました。

この『EASTWAY』は、専門ショップではなく、円高に乗じて海外通販を利用して購入しました。

※参考:ロードバイクを安く買うなら、海外通販のWiggleがおすすめ! - あきさねゆうの荻窪サイクルヒット

EASTWAY Emitter R3というバイクの2016年モデルですが、フルカーボンでフル105が装備されて10万円台という価格です。*1あまりの安さを疑いながら、そして日本語の情報がほとんどない中、人柱になる覚悟で思い切って決断しました。

結果として、本当に良い決断をしたと心から思います。

レアな『EASTWAY』の日本語インプレッション記事を書きたいと思います!

*1:2017.08.03現在。為替の影響やセール価格で14万円くらいになっている時もありました。

続きを読む