あきさねゆうの荻窪サイクルヒット

アラサー男子がブロンプトン・ロードバイク・プロ野球・メジャーリーグ・ラーメンネタ中心にお送りします。

FDJ出場選手一覧&レビュー【ツール・ド・フランス2016】

広告

※選手の脚質や役割、実績、レビューを記載しています。

エースのティボー・ピノを擁するアタッカー集団FDJ(エフデジと呼びます)です。

今年のフランスチャンピオンのアルトゥール・ヴィショ、逃げ名人のジェレミー・ロワらを揃えていますが、チームをあげてピノの総合上位、表彰台を狙うことが最優先事項となると思います。

※ブエルタ・ア・エスパーニャ2016の出場選手情報については

ブエルタ・ア・エスパーニャ2016 出場選手一覧&チームレビュー

をご覧ください。

(2016.7.6更新)

FDJ、ツール出場メンバー

121、ティボー・ピノ

f:id:saneyuu:20160628180204p:plain
Crankpunk - Thibaut Pinot to star in Brad Wiggins biopic!

国籍:フランス
年齢:26歳
脚質:オールラウンダー
 独走力 ★★★☆☆
 TT力 ★★★★☆
 登坂力 ★★★★☆
 スプリント ★★★☆☆

フランス期待の星、ティボー・ピノです。

2014年ツールでは総合3位を獲得しましたが、昨年のツールでは総合16位とやや期待を裏切る結果となりました。

今年は、『ボルタ・ア・アルガルベ』総合4位、『バスク一周レース』総合4位、『ティレーノ~アドリアティコ』総合5位とまずまずの成績です。

直近のレースでは、ツール前哨戦である『クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ』第6ステージで逃げ切り勝利を飾り、2016年フランス国内TTチャンピオンに輝いています。

ツールに向けて調子を上げて来ている印象も受けますが、ドーフィネでは厳しい山岳ステージで失速し、大きく総合順位を落として総合16位と、他のチームのアシスト陣の総合順位より低い結果となっています。

ピノの調子次第ではありますが、FDJとしてはエースのピノを総合上位、表彰台に送り込むことが最優先事項となっています。

122、ウィリアム・ボネ

f:id:saneyuu:20160628180529p:plain
William Bonnet en veut à l'UCI

国籍:フランス
年齢:34歳
脚質:スプリンター
 独走力 ★★☆☆☆
 TT力 ★★☆☆☆
 登坂力 ★☆☆☆☆
 スプリント ★★★☆☆

ベテランスプリンターですが、2010年『パリ〜ニース』第2ステージ優勝以来、勝てていません。

更に昨年のツール第3ステージでは、平坦直線路にてバランスを崩し転倒。後続ライダーを巻き込む大落車の原因をつくりました。*1

FDJに移籍した2011年以降、5度出場したグランツールではステージ0勝のうえ、4度の途中リタイヤと、チームのお荷物にならないかが心配なところです。

123、マチュー・ラダニュ

f:id:saneyuu:20160628180826p:plain
Dimanche à Igon, en selle avec Matthieu Ladagnous ! - La République des Pyrénées.fr

国籍:フランス
年齢:31歳
脚質:ルーラー
 独走力 ★★★★☆
 TT力 ★★★☆☆
 登坂力 ★★☆☆☆
 スプリント ★★☆☆☆

ツール・ド・フランスがよく通る、フランスのポーという街出身のベテランライダーです。

突出した戦績はありませんが、2013年には『ロンド・ファン・フラーンデレン』6位、『ヘント・ウェヴェルヘム』5位とクラシックワンデーレースで上位入賞を果たしています。

グランツールも過去7回出場7度完走しています。ルーラーとして平坦ステージでのアシストが期待されます。

124、スティーブ・モラビート

f:id:saneyuu:20160628181033p:plain
Steve Morabito | Riders | Cyclingnews.com

国籍:スイス
年齢:33歳
脚質:クライマー
 独走力 ★★★☆☆
 TT力 ★★☆☆☆
 登坂力 ★★★★☆
 スプリント ★☆☆☆☆

2013年ツール総合35位、2014年『ジロ・デ・イタリア』総合24位と、クライマーとしてまずまずの総合成績を残しています。

しかしながら、2014年ブエルタ、2015年ツールと落車による途中リタイヤをしています。

少々不安定な要素はありますが、山岳での力をいかんなく発揮することが出来れば、ピノの頼もしい山岳アシストとなることでしょう。

125、セドリック・ピノー

f:id:saneyuu:20160628181238p:plain
Cédric Pineau raconte son Tour de France - Migennes (89400) - L'Yonne Républicaine

国籍:フランス
年齢:31歳
脚質:パンチャー
 独走力 ★★★☆☆
 TT力 ★★☆☆☆
 登坂力 ★★☆☆☆
 スプリント ★★☆☆☆

メジャーレースでの勝利経験はありません。

グランツールには5回出場し、5度完走しています。

派手な走りは出来ずとも、堅実なアシストでチームに貢献していくれることでしょう。

126、セバスティアン・ライヒェンバッハ

f:id:saneyuu:20160628182236p:plain
#Cyclisme : #Reichenbach, le garde suisse de Thibaut #Pinot - Journal La Marseillaise

国籍:スイス
年齢:27歳
脚質:クライマー
 独走力 ★★☆☆☆
 TT力 ★☆☆☆☆
 登坂力 ★★★★☆
 スプリント ★☆☆☆☆

昨シーズン所属したIAMサイクリングでは、エースとして『ジロ・デ・イタリア』に出場しました。

残念ながら第16ステージで、消化器系のトラブルで途中リタイアとなりました。リタイア時点での総合順位は28位でした。

今シーズンは『ティレーノ~アドリアティコ』総合4位、『ツール・ド・スイス』総合11位とまずまずの戦績です。

ピノの貴重な山岳アシストとしての活躍が期待されます。

127、アントニー・ルー

f:id:saneyuu:20160628181453p:plain
Anthony Roux Pictures Le Tour de France 2011 - Stage Thirteen -

国籍:フランス
年齢:29歳
脚質:ルーラー
 独走力 ★★★★☆
 TT力 ★★★☆☆
 登坂力 ★★☆☆☆
 スプリント ★★☆☆☆

2012年ツール第2ステージでは、ロングエスケープを敢行し、敢闘賞を獲得しています。

ツールにはその2012年大会以来の参戦です。

独走力を活かした逃げも得意ですが、平坦路でピノをガードすることが主な任務となりそうです。

128、ジェレミー・ロワ

f:id:saneyuu:20160628182010p:plain
Cyclisme - ChF (Hommes) - Jérémy Roy très incertain

国籍:フランス
年齢:33歳
脚質:ルーラー
 独走力 ★★★★☆
 TT力 ★★★★☆
 登坂力 ★★☆☆☆
 スプリント ★★☆☆☆

逃げのスペシャリストです。

2011年ツールでは、第4・13ステージで敢闘賞を獲得し、総合敢闘賞を受賞しました。

レース開始と同時アタック合戦に乗って、逃げに乗りまくる図が幾度も見られることが予想されます。

類まれなる独走力とアタック精神を持って、間接的にピノのアシストをすることになりそうです。

なぜなら、逃げ集団に選手を送り込んでいるチームは集団を牽かなくてよいからです。

129、アルテュール・ヴィショ

f:id:saneyuu:20160628181759p:plain
Arthur Vichot Photos Photos - Zimbio

国籍:フランス
年齢:27歳
脚質:パンチャー
 独走力 ★★★★☆
 TT力 ★★☆☆☆
 登坂力 ★★☆☆☆
 スプリント ★★★☆☆

2014年『パリ〜ニース』ステージ1勝、そして国内ロード選手権では2013年・2016年にチャンピオンとなっています。

今年のツールには、フランスチャンピオンジャージを着て走ります。

独走力を活かして、ステージによってはヴィショがエースとしてステージを獲りにいく展開も十分考えられます。

ピノの総合を狙いつつも、FDJ自慢のアタッカーたちによる逃げ合戦が繰り広げられるだろう

逃げを得意とするルーラー・パンチャー寄りの脚質を持った選手が5名と、アタックする気満々の布陣です。

仮にピノがマイヨ・ジョーヌを奪ったとしても、守るためのアシスト力がない(特に山岳で他のチームのアシストをふるい落とす動きが出来ない)ため、ピノはほぼ単独で頑張ることとなりそうです。

ですが、同じような状況で昨年のブエルタではトム・ドゥムラン(ジャイアント・アルペシン)が第20ステージまでマイヨロホ(総合ジャージ)を守りました。

総合上位を狙うには、ピノの出来次第なのは言うまでもありませんが、ピノ以外のアタッカー陣によるステージ優勝なるかどうかも見どころです。

・関連記事

www.akisane.com

他のチームの選手一覧も書いています。

www.akisane.com

*1:この落車の影響で、ファビアン・カンチェラーラ、トム・ドゥムラン、サイモン・ゲランスら有力選手をリタイヤに追い込んだ。もちろん自身も頚椎骨折など重傷を負いました。