読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あきさねゆうの荻窪サイクルヒット

アラサー男子がブロンプトン・ロードバイク・プロ野球・メジャーリーグ・ラーメンネタ中心にお送りします。

TIMBUK2のメッセンジャーバッグにはどれくらい荷物が入るの?コミックを入れてみて測定してみた

自転車

広告

私が5年以上愛用しているメッセンジャーバッグ『TIMBUK2(ティンバック2)』は、たくさんのモノを収納して運べるので、自転車のみならず日常的にヘビーユースしています。

わたしはこの『Classic Messenger』というタイプのMサイズを使っています。

5年以上にわたって、バッグローテーションの1番手のエースバッグとして使い倒して来ました。取り回しなど、便利なのは間違いないです。

ただ購入する際に、実際どれくらい荷物を入れることが出来るのか気になりました。なのでMサイズがいいのかLサイズがいいのか非常に迷った記憶があります。

カタログ値で『21リットル』とか言われても、実際にどれくらい入るのかはなかなか想像しにくいです。

そこで、何かイメージしやすいものでメッセンジャーバッグの容量を測ることは出来ないかと考えたところ、我が家には刃牙シリーズの単行本がフルで揃っているので、コミックを使おうと思い立ちました。

何となく『範馬刃牙』の字面がカッコいいので、シリーズ3部にあたる『範馬刃牙』を使って測定してみます。

ということで、TIMBUK2の収納力を徹底分析します!

わたしの愛用するTIMBUK2(ティンバック2)のClassic Messenger Bag Mサイズ

f:id:saneyuu:20160617171510p:plain:w360

2011年頃のモデルなので、TIMBUK2の文字ではなく、ロゴマークのみがプリントされています。現行モデルではロゴマークに加え『TIMBUK2』という文字が入ったタグが貼り付けられています。

f:id:saneyuu:20160617171804p:plain:w360

バッグの中は、このような感じになっています。

ポケット部分などを除く本体は、コーデュラ素材でつくられているため、非常に頑丈かつ汚れに強くなっています。

内部も外部も、ウェットティッシュやボロ雑巾でガンガン水拭きすることが出来て、お手入れもラクチンです♪

f:id:saneyuu:20160617173004p:plain:w360

こんな風に、ペンケース代わりにも使えます。ペンケースを持ち歩くことは一切なくなりましたね。

f:id:saneyuu:20160617173136p:plain:w360

ポケット上部のジップ部分の中にも、たくさんのポケットを備えています。

実際はこんな風に使っていませんが、サイズがわかりやすそうなものを入れてみました。細々としたものは、ほとんどこのへんのポケットに収納して使っています。

実際にコミックを収納してみた

わさわさ入れて行きます。

f:id:saneyuu:20160617173412p:plain:w360

無理やり押しこめば、あと2冊くらい入りそうでしたが、25冊入れることが出来ました!

f:id:saneyuu:20160617173658p:plain:w360

25冊入れた状態はこんな感じです。上部にもう一段入れることが出来そうですね。

『範馬刃牙』は全37巻なので、足りない分は4部の『刃牙道』を使っていきます。

f:id:saneyuu:20160617173614p:plain:w360

『刃牙道』の最新11巻まで入れても、若干余裕があったので『外伝ピクル』も入れてみました。

ということで、『範馬刃牙』全37巻+『外伝ピクル』1巻+『刃牙道』11巻の計49冊入れることが出来ました!

この状態で、フタを閉じてみると、、、

f:id:saneyuu:20160617173957p:plain:w360

ちゃんと閉じました!

f:id:saneyuu:20160617174040p:plain:w360

真上から見ると、くっきり四角くなっています笑

この状態で背負ってみると、、、

f:id:saneyuu:20160617174156p:plain:w360

自撮りの限界でした。。。

めちゃくちゃ重いですが、きちんと背負うことが出来ます。

もし刃牙シリーズをブックオフに売却しようと思ったら、3往復で全巻売れることがわかりました。*1

カタログ値に対して、実寸値はどうなっているか

f:id:saneyuu:20160617175211p:plain:w360

Classic Messenger Bag クラシックメッセンジャー - TIMBUK2公式ホームページ

現行モデルは、

・サイズ:高さ31cm×トップ幅46cm×ボトム幅37cm×奥行き18cm
・容量:21リットル

となっています。

『範馬刃牙』などを49冊入れた状態で、寸法を測ってみます。

まずは横幅(トップ幅)です。

f:id:saneyuu:20160617175548p:plain:w360

f:id:saneyuu:20160617175614p:plain:w360

背表紙の刃牙が気になりますが、だいたい40cmくらいです。


続いて、縦幅(奥行き)です。

f:id:saneyuu:20160617175826p:plain:w360

だいたい20cmくらいですね。

そして高さを調べるために、いったん『範馬刃牙』を取り出して計測します。

f:id:saneyuu:20160617175941p:plain:w360

24cmくらいでした。

ということで、40cm×20cm×24cmの直方体の体積が、実容量に限りなく近くなるはずです。

計算すると、19,200cm3(立方cm)です。

リットル換算に直すと、19.2リットルとなります。

ということで、カタログ値21リットルはだいたい正しそうと言えるでしょう。

言い換えるとTUMBUK2のカタログ値21リットルのメッセンジャーバッグには、『範馬刃牙』が49冊入ることが分かりました。

28リットルのLサイズには、65冊、14リットルのSサイズには33冊、9リットルのXSサイズには21冊、入るのではないかと思います。

お手持ちのコミックスを、いい感じの直方体に並べれば、およその実容量が分かるのではないかなと思います。

余談ですが、TIMBUK2の防水性について

コーデュラという素材は完全防水素材で、一切の水を通しません。

ですが、TIMBUK2は完全防水かと言われると、違います。

『範馬刃牙』49冊入れた状態の横からの写真です。

f:id:saneyuu:20160617181647p:plain:w360

端っこの部分を下から撮ると、、、

f:id:saneyuu:20160617181806p:plain:w360

すき間が見えます。

f:id:saneyuu:20160617181841p:plain:w360

めくると、刃牙がチラ見えします。

ちなみに、『範馬刃牙』を一段目まで25冊入れた状態で、フタを閉めると、、、

f:id:saneyuu:20160617181945p:plain:w360

明らかにすき間が出来ちゃっています。

中身が詰まっていない方が、すき間が出来やすい構造になっているのです。

実際、雨が降るなか使っても、たいていの雨は防ぐことが出来ます。

土砂降りの中を自転車で走ったりすると、すき間が上の方を向くために、バッグの中まで水が進入することはあります。

この点はTIMBUK2の弱点かもしれないので、防水性を期待して購入する場合は気をつけてください。

※追記

防水性について、読者様よりご指摘をいただきました。

最新版の構造では、この弱点が改良されているようです!

唯一と言っていい不満点が改良されたとなると、ますますTIMBUK2の優位性が高まります。

実際に様々な荷物を入れながら、5年間使ってみた感想

『範馬刃牙』を49冊入れた状態では、手提げ袋か何かに入れて片手で持つことに比べたら、相当楽に運ぶことが可能ではありますが、この状態でロングライドに出たり、街中を歩くのは避けたいレベルの重さです。

前傾姿勢の取りやすいロードバイクに乗りながら、メッセンジャーバッグを背中で背負って重量を緩和するのが、プロのメッセンジャーのやり方です。

しかし、前傾姿勢の出にくいクロスバイクや折りたたみ自転車でメッセンジャーバッグを背負ったり、自転車から降りて歩く際には、背中で背負うことが出来ないので、左肩にほとんどの重量がのしかかり、肩が痛くなりやすいし疲れやすいです。

それに、背中で背負ったとしても重いものは重いです。

『範馬刃牙』49冊というような、ものすごい量の荷物を運びたい時は、メッセンジャーバッグよりリュックサックを活用するほうが個人的にはおすすめです。

↑30リットルタイプのリュックです。オルトリーブは完全防水な点も見逃せません。

そうでない場合は、背中のバッグをスルッと、身体の前に寄せて中身にアクセス出来る使い回しの良さが光ります。

もし、TIMBUK2の日常利用も考えている場合は、Lサイズは過剰な大きさになるので、個人的にはMサイズ以下で検討することをおすすめします。

Mサイズでもいざというときには、かなりの量を運ぶことが出来るので、わたしはLサイズが欲しいなと思ったことはないですね。

通常のショルダーバッグと違って、自転車に乗った時のフィット感が段違いなので、自転車乗りのバッグと言えばやはりメッセンジャーバッグでしょう!

TIMBUK2で迷っている方の一助となれれば幸いです。何か分からないこととかあれば、Twitter・コメント等で気軽にお問い合わせください。

ちなみにオランダ旅行の相方は、もちろんTIMBUK2でした。

・関連記事

www.akisane.com

www.akisane.com

www.akisane.com

www.akisane.com

*1:『グラップラー刃牙』全42巻、『グラップラー刃牙 外伝』全1巻、『バキ』全31巻、『バキ特別編SAGA』全1巻、『範馬刃牙』全37巻、『範馬刃牙 外伝ピクル』全1巻、『刃牙道』全11巻の計124冊を、49冊ずつ運ぶと、3往復で完了!