読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あきさねゆうの荻窪サイクルヒット

アラサー男子がブロンプトン・ロードバイク・プロ野球・メジャーリーグ・ラーメンネタ中心にお送りします。

クリス・フルームが落車!まさかのランニングシーンが…。

自転車 自転車-ロードレース 自転車-ツール・ド・フランス2016

広告

f:id:saneyuu:20160715015054p:plain:w350

第12ステージの終盤、アタックを仕掛けたクリス・フルーム(チームスカイ)が、カメラバイクに激突して落車。

壊れたバイクを捨てて、走り出す衝撃的なシーンが世界中に放送されていました。

※クリス・フルームの詳しいプロフィールについては、
クリス・フルーム(Chris Froome)【イギリス、チームスカイ】 - サイバナ
をご覧ください。

残り400m地点でカメラバイクに激突

リッチー・ポート(BMCレーシング)、フルーム、バウケ・モレマ(トレック・セガフレード)の順で走行していました。

3人の選手の前方にバイクカメラが走っていましたが、観客が飛び出してきたため、バイクカメラは急停止しました。

沿道に観客がいすぎて、通行できる部分が選手1人分、バイク1台分くらいしかないような状況で、バイクカメラが急停止してしまうと、避けていくことは不可能です。

↑フレフ・ヴァンアーヴェルマート(BMCレーシング)がツイートした写真。『これが全てを物語っている』と。

そのためポート、フルーム、モレマの順で激突してしまいました。

f:id:saneyuu:20160715004923p:plain:w350

モレマはバイクへのダメージはなく、すぐに走り出します。

ポートは外れたチェーンを直して、再びバイクに乗ります。

f:id:saneyuu:20160715010016p:plain:w350

ところが、フルームのバイクは、後ろから来たバイクに轢かれてしまい、フレーム自体が破壊されてしまったようです。

ホイール交換では済まない決定的なダメージを受けてしまったため、バイクを置いて走り出しました。

動画はこちらです。

サポートカーのバイクを受け取って走りだすが、サイズもクリートも合わない

マビックのサポートカーから、サポートバイクを受け取って走り出します。

f:id:saneyuu:20160715004718p:plain:w350

しかし、長身のフルームにとっては、小さすぎるサイズです。

さらに恐らくビンディングシューズのクリートの形が合わないようで、ダンシング(立ち漕ぎ)することも出来ません。

全くスピードが出ずに結局、サポートバイクも降りてチームカーを待ちます。

f:id:saneyuu:20160715011204p:plain:w350

両手を広げて「どうすればいいのよ」と言った雰囲気です。

チームスカイのチームカーがようやく登ってきて、スペアバイクを受け取り走り出します。

f:id:saneyuu:20160715011318p:plain:w350

チームメートのセルジオ・エナオモントーヤがアシストしながらゴールに向かいます。

f:id:saneyuu:20160715011449p:plain:w350

そうして、他のライバル選手たちに2分近く遅れてゴールしました。

f:id:saneyuu:20160715011607p:plain:w350

審議の結果、モレマと同タイムでゴール扱いとなる

ゴール後にフルームは2つツイートしています。

絵文字も入れながら『まだマイヨ・ジョーヌだよ』とつぶやくフルームは非常に好感が持てました。

審議の結果、フルームとポートは、先にゴールしていたモレマと同タイム扱いとなったようです。

f:id:saneyuu:20160715012229p:plain:w350

無事に表彰式も行われ、フルームはマイヨ・ジョーヌを守ることが出来ました。

f:id:saneyuu:20160715012321p:plain:w350

ところが、表彰式の最中には観客からフルームへのブーイングが起きていました。

ツールの直前の『クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ』でリーダージャージを獲得した際も、ものすごいブーイングでした。

それくらいフルームはフランス人から嫌われているので仕方ないとはいえ、あまりにも心ない声援です。

UCI、ASOは再発防止策を!

つい先日も、フルームに観客が接触事故を起こしかねない出来事がありました。

www.akisane.com

世界最大の自転車レースイベントで、盛り上がることは大変良いことなのですが、勝負どころの山岳ではしっかり柵を設けて、観客が進入できないように対策をすべきではないかと思います。

今回は、前日にゴール地点が変更になって、急遽設営したゴール地点だったために、十分な長さの柵を用意出来なかったのかもしれません。

しかし、本ステージが総合争いに向けて大きなポイントとなることは明らかだったわけですから、準備不足を言い訳にしてはならないなと思います。

後半のスイスアルプスでの山岳ステージで、同じような事件が発生しないよう、UCIとツール・ド・フランスを主催するASOはすぐに対策を打つことを期待します。

(余談その1)

落車の翌々日に、フルームがこんなツイートをしていました。

『(あれだけの人が集まっていた)謎が解けたよ〜』と言って、ポケモンGOのハッシュタグと画像を貼る粋なジョークをかましていました笑

天才的なセンスを持っていますね!

(余談その2)

フランスの現地メディアは、フルームに対して『マラソンマン』というアダ名をつけたそうです。

ちなみに、落車の当日にスカイのGMのブレイルスフォードさんが、『フルーミー(フルームのニックネーム)は、来年パリマラソンを目指すよ』というジョークをメディアに向けて言っていたことも影響していると思います。

・クリス・フルーム詳細プロフィール

クリス・フルーム(Chris Froome)【イギリス、チームスカイ】 - サイバナ

・関連記事

www.akisane.com
www.akisane.com
www.akisane.com