読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あきさねゆうの荻窪サイクルヒット

アラサー男子がブロンプトン・ロードバイク・プロ野球・メジャーリーグ・ラーメンネタ中心にお送りします。

マイヨ・ジョーヌは誰の手に!?TDF2016総合優勝を予想

自転車 自転車-ロードレース 自転車-ツール・ド・フランス2016

広告

いよいよ、今夜から『ツール・ド・フランス2016』が始まります!!

本当に楽しみで寝不足確定な三週間がやってきました。

始まる前に、ああでもない、こうでもないと考える時間も楽しい!ということで、総合優勝を予想してみました。


f:id:saneyuu:20160702071759p:plain
http://www.cyclesports.jp/depot/detail/51169

ツール・ド・フランス2016総合優勝予想

◎クリス・フルーム(チームスカイ)

ダントツの大本命です!

ただ、フルームは偶数年は勝てないというジンクスがあります。

2012年はエースのブラッドリー・ウィギンスより明らかに好調でしたが、ウィギンスに譲る形で自身は総合2位。

2014年は落車リタイアとなりました。

しかし、今シーズンはそんなジンクスを物ともしない好調ぶりで、『クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ』の勝ち方を見る限りフルーム優位は揺るぎないのではないかと思います。

何より、アシスト陣があまりにも豪華すぎる!

分析すればするほど、フルームが最もマイヨ・ジョーヌに近いと思わざるを得ません。

www.akisane.com

○ナイロ・キンタナ(モビスター)

昨年の第20ステージ、ラルプ・デュエズの登りでフルームを置き去りにした走りが忘れられません。

単純な登坂力なら、フルームに勝てるのではないか!?という期待感があります。

懸念事項は、第13ステージでの37.5kmのタイムトライアルです。

このタイムトライアルでは、フルームが圧倒的有利です。

キンタナは決定的な差をつけられないように必死で走るのみです。

www.akisane.com

▲アルベルト・コンタドール(ティンコフ)

『クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ』プロローグの山岳TTの走りっぷりには、非常に期待感が持てました!

しかし、その後のいまいちな走りを見ていると、何気ない1級山岳での加速についていけないコンタドールの姿が思い浮かびます…。

フルームやキンタナの加速についていけるかどうかが、気になるところです。

TTはむしろ非常に得意としているので、山での実力差が如実に出てしまうのではないかと心配です。

www.akisane.com

▲ファビオ・アル(アスタナ)

シーズン前から、「ツールはアルで行く」と公言して、エースとして臨むツールですが、やはり『クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ』での走りが不安を誘います。

一応ステージ優勝していますが、他のステージでは明らかに調子悪そうです。

そして、今年の『ジロ・デ・イタリア』で総合優勝したヴィンチェンツォ・ニーバリが出場することも、いろんな意味でリスクです。

チームプレゼンテーションで、ニーバリは「アルのために走る」と言っていますが、心の中はどうなのやら。

アルが山岳で遅れるようなことがあれば、ニーバリは置き去りにして先頭を追うのではないか。そして、チーム内で揉める。

そんな不安材料もあります。

www.akisane.com

×リッチー・ポート(BMCレーシング)

「フルームのアシストはもうイヤッ!」と言ったかどうかは知りませんが、移籍したBMCレーシングではエースとして好調なシーズンを送っています。

シーズン序盤のステージレースで勝ちまくり、『クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ』プロローグの山岳TTでは、フルームを上回るタイムを叩き出しました。

キレ味鋭いクライミングを見ていると、ひょっとして?!と、期待を抱かせるには十分な走りです。

問題は本人も自覚している、精神面です。

3週間の長丁場で、安定して走ったことはなく、どこかで必ずおかしなことになっています。

それさえなければ、立派な優勝候補なんですけどね。

www.akisane.com

×ティージェイ・ヴァンガーデレン(BMCレーシング)

ポートとダブルエース体制で臨むと、チームは表明しています。

昨年のツールは、風邪をひいて途中リタイアでしたが、それまでは非常に良い走りを見せていました。

しかし、途中で風邪をひいちゃうような、精神面のもろさが弱点だと思います。

ポートもヴァンガーデレンも似たようなハートの持ち主なんでしょう。

www.akisane.com

×ダン・マーティン(エティックス・クイックステップ)

『クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ』総合3位に食い込んだ勝負強さに期待です。

懸念事項はチーム方針が、マルセル・キッテルで勝つことを至上命題としていることです。

仮にマーティンが総合上位に浮上しても、アシストする選手はほとんどいません。

www.akisane.com

×ロメン・バルデ(AG2Rラモンディアル)

『クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ』総合2位という成績に、期待感が持てます!

ですが、TTに弱いという点を差し引いて、山岳ステージでフルームやキンタナに圧倒的な差をつけることが出来るかと聞かれると、さすがに疑問符です。

万が一、超鋭いヒルクライムを見せてくれれば、ひょっとしたら・・・!?という大穴予想です。

www.akisane.com

×ティボー・ピノ(FDJ)

本来ならば、▲くらいつけたいところですが、『クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ』での失速ぶりが目につきます…。

しかし、直前の国内TT選手権で優勝し、フランスTTチャンピオンとして参戦することは好材料です。

ピノをサポートする山岳アシストの少なさも気になるところです。

www.akisane.com

×イルヌール・ザッカリン(カチューシャ)

期待も込めてのピックアップです。

時折見せる、山岳ステージでのキレ味鋭い登りを見ると、ザッカリンに期待したくなります。

なんだかんだでチームメートのホアキン・ロドリゲスの方が総合上位に行く気もしますが…。

www.akisane.com

★ヴィンチェンツォ・ニーバリ(アスタナ)

アルが失速して、ニーバリがダウンヒルで他の総合勢を置き去りにして、リードを稼ぐ展開も十分考えられると思います。

今大会の厳しい山岳を越えて長いダウンヒルを経て、ゴールするステージが4ステージもあります。

屈指のダウンヒラーであるニーバリに非常に向いているレイアウトなのです。

2008年コンタドール以来のダブルツールの可能性もあるため、やはり期待したくなっちゃいます。

www.akisane.com

わたしは期待を込めてリッチー・ポートとナイロ・キンタナ推しで行きます!

というわけで、優勝予想はクリス・フルームですが、リッチー・ポートとナイロ・キンタナ推しで行きたいと思います!

ドーフィネでのポートの山岳TTの走りが心に響いたのと、昨年のラルプ・デュエズでのキンタナの激走に期待したいのです。

ここまで強い強い言われているフルームが普通に勝っちゃう展開よりは、どうやったらフルームを倒せるか考える方が楽しいってのもあります。

みなさんの優勝予想、期待の選手は誰でしょうか?

いよいよ、今夜19時からJ SPORTSにて完全生中継で放送です!

・関連記事

www.akisane.com